自分で行うメンタルヘルスケア

メンタルヘルスとは、通常『心の健康』と訳されます。

しかし、話題にのぼるときは心の病気のことを指すことが主です。

心の病気にならないために、また病気になっても改善に向かうために『メンタルヘルスケア』というものがあります。

つまり、心の健康をケアするというものです。

風邪をひかないためには、出先から帰ってきたら手洗いやうがいをしたり、寝るときはおなかを冷やさないようにしたり、というのと同じです。

スポンサーリンク

体の健康を保持するように、心の健康を保つのがメンタルヘルスケアなのです。

健康を崩さないよう、ちゃんと心もケアしましょう。

まず第一に行うのが、心の状態を見ることです。

心の健康診断です。

今、心がどんな状態にあるのか?

健康なのか、そうではないのか?

それを見極めましょう。

健康ならば、それを保持するためにどうしたらいいでしょうか?

心に余計な負荷を与えないようにしたりして、その状態を保ちましょう。

では不健康ならば?

適度に心の休みをとったり、ストレスが溜まっているならそれを解消しましょう。

また、その原因などがわかっているなら、それを取り除く努力をします。

取り除けないようなものでも、考え方を変えたりすることで少しは軽減されるはずです。

メンタルヘルスケアは自分でもできるのです。

まずは自分の心を見つめてみましょう。

関連記事(一部広告含む):