アファメーションと心の意識

アファメーションを行ううえで、知っておく必要のあるもの。

また、理解しておかなくてはいけないこと。それが、心の意識です。

この意識は、あくまでも、自分で色々に利用するものですから、これだけ、という限りはありません。

一般的なものを、記しておきますね。

・自分の意識したもの、考えたことが、今現実のことである(過去に自分で考えたことが実現している) 続きを読む アファメーションと心の意識

アファメーションの力

人間、生きて行く中で、どんな聖人でも「失敗しない」なんて事はないのです。

どんなに偉い人でも、人生の中で『挫折』を味わっているからこそ、強くなっていると思います。

私の友人で「からから」と呼ばれている人がいます。

彼は自分の夢、国税局入りを果した同級生の内でもエリートになった一人です。

なぜ、「からから」なのか、というと、彼がくよくよしている所を、誰も見たことがないからです。 続きを読む アファメーションの力

苦手意識は言葉から

息子は小学校からずっと、勝てない大親友がいました。

短距離も長距離も、サッカーも。ポジションは違っても、レギュラーを先にとるのはいつもその大親友。

親友だからこそ、勝てない気持ちが強くなっている。

そんな息子が、中学生の時、マラソン大会で思わずその子に勝ったのです。

今まで一度も勝てなかった親友に。

なぜ、そんなに強くなったのか?と息子に聞いてみました。すると・・ 続きを読む 苦手意識は言葉から

潜在意識は言葉で変わる

親が子供に、「あなたにそんなこと出来るわけないでしょ」といっている姿、よく見ます。

私はその姿を見るたびに、なぜ、そんなことを言うのだろうと思います。

私は、子供に対して、「力いっぱいやって何も得ないことはない」と、小さい頃から言っています。

できるんだよ。

できないって決め付けているからできないんだよ。 続きを読む 潜在意識は言葉で変わる

スポーツ選手と潜在意識

親戚の子供がサッカーに関わっていることで、スポーツを行う上での意識改革、というものが、いかに大切か、ということを、よく感じてきました。

サッカーをやる、他のスポーツを行うという時、「自分はできる」という心を持っていないと、プレーは消極的で、自分の持っているものを発揮することはできません。

例えば、いつも対戦している練習相手と、試合をする時、毎回勝っている相手に対しては、自信を持って、プレーしている、ということを、感じることができます。

いきいきと、点を取る、ということに、一丸になって全員がプレーしています。 続きを読む スポーツ選手と潜在意識

アファメーションは言葉の思い込み

例えば、パソコン。こうして文字を打っているのは、この文字を入力するということを命令し、それを行っている、ということになります。

先ほどの監督さんから選手への言葉も、選手に言葉をかけ、それを選手が潜在意識にすり込む、納得させる、ということで行われている、と説明しましたが、それも同じことです。

パソコンはできる、ということを常に認識して、結果を出してきます。

監督さんは選手たちに、「できる」ということを命令し、それを選手が返してくる、ということです。 続きを読む アファメーションは言葉の思い込み

言葉って大事!アファメーションの力

スポーツの監督さんはよく、「お前にならできる!」「超えることは簡単だ」という言い方をします。

これ、言い聞かせです。人に対してのアファメーションだな、と思います。

この人に対してのアファメーションだと思う言葉は、その相手の潜在意識に強く語りかけていると思います。

選手が、監督から「お前にならできる!」といわれれば、「俺はできるんだ!」と、心の強い部分を引き出すことができます。 続きを読む 言葉って大事!アファメーションの力

アファメーションは「・・です」「・・しました」から

何かを希望するとき、願望を口にする時、人は「将来こうなるといいな」「大きくなったら、こういう人になっていたいな」という言い方をします。

でも、アファメーションの考え方は、現在形、そして完了形なのです。

アファメーションの場合は、希望や願望が現在、そして完了、という形で宣言することから始まります。

例えば、何かを達成したい、という場合には、 続きを読む アファメーションは「・・です」「・・しました」から

猫とツキと干支の性格

Copyrighted Image