TVのバラエティで血液型をテーマにした番組は?

「血液型自分の説明書シリーズ」が発売されたのは10年前。

もう、この頃は血液型の相性だとか恋占いだとか性格分類が定着していた頃なので、それを体系的にまとめたことやコンビニでも販売していたことが大ヒットにつながりました。

以後、血液型に関する書籍は二匹目のドジョウを狙って次々に出版されています。

中には「宇宙人は存在する!」的な非科学的な極みの書籍もありますが、これはこれでバカバカしいとは思いながらも楽しく読めるはず。 続きを読む TVのバラエティで血液型をテーマにした番組は?

これまでもっとも売れた血液型の本は?

これまで、ABO式血液型の書籍は数え切れないほど出版されていますが、もっとも売れたのは「血液型自分の説明書シリーズ」です。

A型、B型、O型、AB型の4冊が同時に発売され、2008年にはオリコン年間本ランキングで4冊すべてがTOP10入り、合計約413万部を売り上げました。

すごいですね。ちなみに2位に入ったのがB型、A型が4位でO型が5位、AB型が7位です。

B型が大雑把とか言われることもあるので血液型なんて信用していないのかと思ったら、意外と人が見ていないところで自分のことを知りたいという細かな神経が働いているのでしょうか? 続きを読む これまでもっとも売れた血液型の本は?

日本人はABO式血液型の性格判断が大好き!

日本の女性が男性と仲良くなろうとする時、最初に聞くのが血液型。

自分の血液型との相性が良ければ「やっぱり神様は私達を引き合わせてくれたんだわ!」と両手を合わせ、相性が悪ければ「そういえばあの時もこの時も意見が合わなくてなんか気に入らなかった!」と妙に納得、その後は何かにつけて血液型のせいにする場面はけっして珍しくありません。

もちろん恋人同士だけでなく、これ、友人関係でも見られますよね。 続きを読む 日本人はABO式血液型の性格判断が大好き!

風水トリビアまとめ

紀元前1000年に端を発する風水は3000年の長き歴史を経て現在も一部では重要な指針を決める方法のひとつとして重宝されています。

巒頭派にしても理気派にしても、事象と予測の因果関係がまったく無意味というわけではなく、そこには東洋的な哲学におけるロジックがきちんと成立しています。

ただ、現代の文化を支える科学や化学がそのロジックを証明できないというだけですね。 続きを読む 風水トリビアまとめ

彼氏と出会えたのは風水のおかげ?

彼氏のいない女性が「なぜ彼氏ができないのか?」と思い、少しばかり風水をかじったところ、会社に通う道順が悪かったという結果を得たので、次の日から道順を変えたところ、素敵な男性が同じ方向に歩いていて、やがて仲良くなり、恋人関係まで発展したとします。

さて、これを風水のおかげと見るでしょうか?それとも単なる偶然と考えるでしょうか?

もちろん、これは個人の見解なので正解はありません。

結果として、彼氏がいなかった彼女に彼氏ができたという話だけです。 続きを読む 彼氏と出会えたのは風水のおかげ?

日本語の「気」は変化する?

日本語の「気」そのものには物質的な意味もなければ霊的な意味もありません。

ただし、中国語の「気」に通ずる外国語はたくさんあります。

英語であればAURA(オーラ)で、これはラテン語のaura(アウラ)そのもの、また英語のSpiritやラテン語のSpiritusも「気」の意味を持っており、ギリシャ語のプシュケーやサンスクリット語のプラーナなどもその類です。

これらの意味、日本語に直すとスピリチュアルな要素が強くなるので魂とか霊気などという言葉が用いられ、「気」単独とは意味が異なってきます。 続きを読む 日本語の「気」は変化する?

風水の「気」ってなに?

風水で使われる語句には「風水地理五訣」よりも、もっと多く使われるものがあります。

それは「気」。

気の流れこそ風水最大の課題であるだけに、「気」という語句が多くなるのは当然の成り行きでもあります。

しかし、それこそ「気」は不可視要素が強いのですが、我々日本人も「気」という言葉は何気に使っています。 続きを読む 風水の「気」ってなに?

運とツキと干支の性格

Copyrighted Image