自分の生まれた干支は60年に一度だけ

この天文学の十二支と陰陽五行思想の十干が組み合わさったのが十干十二支、本来の意味の「干支」です。

十二支に十干を組み合わせた記述はすでに殷の時代に見られ、戦国時代以降は年月日や時刻、方位にまで応用されています。

この干支を使って式盤で占うのが陰陽道や風水。

なにしろ陰陽に五行、さらに十二支を配して占うのですからその方法はとても複雑で、玄関口に金のお着物を置け、とか、水周りは鬼門に配置しろ、などと通り一辺倒な簡単なものではありません。 続きを読む 自分の生まれた干支は60年に一度だけ

なぜ干支に生肖が与えられたのか未だ不明のまま

年賀状に描くその年の干支動物とか、自分が生まれた年の干支動物だとか、いわゆる日本で言われるところの「干支」、じつはその発祥、陰陽思想とも五行思想とも関係がありません。

12の動物が当てはめられた十二支は古代中国における天文学、十二辰が元になっています。

木星は約12年で天球を1周することがわかったため、天球を天の赤道帯に沿って東から西へ12等分したことを十二辰と呼び、太陽や月、惑星などの位置や進行状態の座標に用いられたと同時に、年月の基準として使われました。 続きを読む なぜ干支に生肖が与えられたのか未だ不明のまま

十干を訓読みにしてみると?

五行思想は混沌の中から天と地が生まれ、そこから五行が派生したことから分かるように根本は陰陽思想。

この2つの思想体系が1つになるのは自然な結果ともいえます。

五行思想は五芒星の頂点に木を置き、時計回りで火、土、金、水の順になります。

この五行に陰陽を当てはめたのが陰陽五行思想。

木は甲(こう)と乙(おつ)、火は丙(へい)と丁(てい)、土は戊(ぼ)と己(き)、金は庚(こう)と辛(しん)、そして水は壬(じん)と癸(き)になります。 続きを読む 十干を訓読みにしてみると?

陰陽思想が五行思想の中に活かされている

五芒星の直線で結ばれている要素はお互いを滅ぼす院の関係、相剋と呼ばれます。

1.木が土に根を張って土の養分を吸い上げ痩せさせることを木剋土(もっこくど)という。

2.土が水を吸い取って汚し、水の増水を塞き止めることを土剋水(どこくすい)という。

3.水が火を消すことを水剋火(すいこくか)という。

4.火が金属を溶かすことを火剋金(かこくごん)という。 続きを読む 陰陽思想が五行思想の中に活かされている

五芒星の時計回りは順に生み出していく関係

幼児が一筆書きで最初に覚えるのが五芒星(英語ではペンタグラム)であるのも興味深い点ですね。

この五芒星、時計回りに隣り合っている同士が陽の相生(そうせい)、直線で結ばれている同士が陰の相剋(そうこく)となります。

相生とは時計回りの順でお互いを生み出していく関係です。

1.頂点にある木は火によって燃えることを木生火(もくしょうか)という。

2.物が燃えれば灰になり、灰が土に還ることを火生土(かしょうど)という。 続きを読む 五芒星の時計回りは順に生み出していく関係

運とツキと干支の性格