和太鼓と東村山音頭!和太鼓入門

ご当地音頭はいくつもありますが、市町村という小さな地区の音頭で最も有名なのは『東村山音頭』でしょう。

東村山市は東京の北西、多摩地区にあります。

埼玉県と面していて、隣りは埼玉県所沢市です。

15万人ほどの人口ですが、特にこの地方の中でも大きいというわけではありません。

そこまでの特徴があるわけでもないこの市の音頭が、どうして有名になったのでしょうか? 続きを読む 和太鼓と東村山音頭!和太鼓入門

和太鼓と東京音頭!和太鼓入門

地方や都道府県、市町村にいたっても〇〇音頭という盆踊りがあります。

それぞれの土地土地で、その特徴を捕らえた曲があるのです。

一番有名なのは『東京音頭』でしょうか。

『ハァ 踊り踊るなら チョイト東京音頭 ヨイヨイ』

出だしのこのフレーズを聞いたことのある人も多いのではないでしょうか。

ヤクルトスワローズの応援歌としても使われており、ビニール傘を振って応援している姿も有名です。 続きを読む 和太鼓と東京音頭!和太鼓入門

和太鼓のバチの種類!和太鼓入門

和太鼓のバチにもいくつかの種類があります。

まずは使っている木の種類にもよって違ってきます。

桐、ヒノキ、タブ、メープル、樫などがあり、その種類によって堅さが変わってきます。

堅ければ重量も重くなります。

木による種類の他に、長さや太さなども様々あります。

祭に行くといくつかのバチが置いてあるでしょう。 続きを読む 和太鼓のバチの種類!和太鼓入門

和太鼓を叩くときは何を着る?和太鼓入門

盆踊りを踊るとき、基本的に浴衣を着て踊ります。

浴衣を着て踊れるように、激しい動きは入っていません。

手ぬぐいを使う踊りもあり、浴衣に手ぬぐいという格好が正装になります。

では、太鼓を叩くときは何を着たらいいのでしょうか?

太鼓叩きの人のイメージはさらしでしょうか?

さらしを巻いて太鼓を叩く姿はかっこいいですよね。 続きを読む 和太鼓を叩くときは何を着る?和太鼓入門

和太鼓は人と協力して叩く!和太鼓入門

基本的に太鼓を叩く人は一人です。

しかし、一人で『どどんがどん』と『タカタッタ』を叩くのは、最初は難しいかもしれません。

そんなときは、誰かに応援を頼みましょう。

『どどんがどん』は自分で叩き、『タカタッタ』は人に叩いてもらうのです。

横にいてもらえば胴の木の部分を叩くことはできますし、他にも床や、やぐらのてすりなどを叩いてもらっても構いません。 続きを読む 和太鼓は人と協力して叩く!和太鼓入門

和太鼓上達のコツ!和太鼓入門

盆踊りは市町村でも地元の盆踊りがあるほどで、数多くの曲があります。

基本的には四拍子のものが主なのですが、それでもテンポが違っていたり、ちょっとしたクセがあるものもあります。

いくら太鼓の達人であっても、初めて聞いた曲を上手に叩くことはなかなかできません。

どこで終わるのかもわかりませんし、どこに最高潮を持ってくればいいのかも探り探り叩くことになります。 続きを読む 和太鼓上達のコツ!和太鼓入門

Copyrighted Image