gluck のすべての投稿

アルファベットとは、大事なものの順番だった可能性!言葉の摩訶不思議学

再び、「A」という文字について考えてみます。

種々の西欧言語文字のもとになったフェニキア語アルファベットの「A」にあたる文字が、もともとは「牡牛の顔」を模したもの(牡牛を表す象形文字)だった、ということはわかりました(ちなみに、漢字の「牛」もやはり、「牡牛の顔」を模した象形文字なのです)。しかし、なぜ「牡牛」が「A」の名前に選ばれたのか、ということです。

アルファベットの最初の文字に与えられた名前が「牡牛」であるからには、この「牡牛」には、それなりの意味があったに違いないのです。それは、古代世界において広く見られた「聖牛信仰」と、なにか大きな関係があるのでしょうか?祖シナイ文字の「A」は、それこそ「牡牛の顔」そのものでした。 続きを読む アルファベットとは、大事なものの順番だった可能性!言葉の摩訶不思議学

最初のアルファベットに付けられた名前の謎!言葉の摩訶不思議学

アルファベットという言葉は、ギリシャ語文字の一番目と二番目の名前が「アルファ」と「ベータ」であることから、そう呼ばれているのはご承知のとおり。 ヘブライ語の場合は、「アレフベート」といいます。つまり、Aにあたる文字は「アレフ」、Bにあたる文字は「ベート」と名付けられているのです。

「アルファ(α)」や「ベータ(β)」、あるいは「エイ(A)」「ビー(B)」などは、古い言語のアルファベットから借用したものなので、文字の名前以外には意味はありません。 続きを読む 最初のアルファベットに付けられた名前の謎!言葉の摩訶不思議学

音と形のシンボル化が文字をつくる!言葉の摩訶不思議学

「共感覚」という現象があります。これは、ある音を聞くと、それが刺激になってある形が見えたり、あるいは、あるモノを見るとある匂いを感じたりする、一種の感覚的異常のことを指した言葉でもありますが、もしかすると、古代の人々はそうした「共感覚」機能を現代人よりも洗練した形で備えていたのかもしれません。共感覚の症例によると、あるモノには常に同じ形や音や匂いが結びついているということです。

現代からすると、単なる異常にしか過ぎない、この感覚を古代の人々が「世界をより深く探るための一つの能力」としていたなら、きっと当時の言語の音や文字にも「共感覚」によって得られた情報が含まれていたはずです。 続きを読む 音と形のシンボル化が文字をつくる!言葉の摩訶不思議学

特定のイメージを「形」としてシンボル化!言葉の摩訶不思議学

聖なるイメージと結びついてきた、“形”としてのシンボルなどもあります。それは主に、多角形といわれるような、いろいろな形にも見ることができます。こちらは「音」ではなく「図形」ですが、これなども宇宙の「巨視的構造」と絡めて考えると面白いことがわかります。

すなわち、昔からヒトは「五角形」「六角形」の図形を、神秘的・超越的なものとして、あるいは防御の形として、好んで用いてきました。星型や五芒星、六芒星も同様です。それらはいまでも、幾つかの国の国旗の中にも見ることができます。お守り(護符)としても、もっとも有名な形です。 続きを読む 特定のイメージを「形」としてシンボル化!言葉の摩訶不思議学

特定のイメージを「音」としてシンボル化!言葉の摩訶不思議学

神社の境内には、2匹の狛犬が向かい合わせになるように置かれています。その片方の狛犬の口は開かれていることが多く、それによってこれは「あ」の音を示しているといいます。そして、もう片方の狛犬の口は閉じられていることが多く、こちらは「ん」の音を示しているともいいます。すなわち、両者の口で「あうん」、つまりは「阿吽」という音を表わしているというのです。

「阿吽」とは“物事の始めと終わり”を意味します。そのことから、これは“宇宙”、つまりは“森羅万象”を表現しているのだと解釈されたりもするのです。(一般的には、「あ」は吐く息、「うん」は吸う息を示し、これで「あらゆる現象のはじめと終わりを意味する」とされている) 続きを読む 特定のイメージを「音」としてシンボル化!言葉の摩訶不思議学

宇宙が「O」の形である音声的な理由とは?言葉の摩訶不思議学

最近、宇宙の巨視的構造が電波的観測によって明らかにされました。最新の宇宙論によると、宇宙は銀河の密集する部分と、それがない空虚な部分とが、意外にも均一に並んでいるような姿だったのです。

これは驚きです。銀河群のない空虚な部分が所々に整然と分布している様子は、まるで蜂の巣構造(無数の六角形の空洞が集まったような)にも、あるいは泡のような構造にも見えるのです。 続きを読む 宇宙が「O」の形である音声的な理由とは?言葉の摩訶不思議学