gluck のすべての投稿

友達の数はステータス?

10代はとかく、友達を欲しがる時です。友達がいっぱいいる、というのは一種のステータスですね。

もちろん10代になると人間としての形成における成長期であるので、容姿や個性が人を惹きつける魅力となり、集団を作る要因になるので友達をいっぱい作りたいという衝動はけっして不思議なことではなく、むしろ生物として当たり前のことなのです。

中にはお金や暴力で集団を形成しようとする人もいますが、これもまた生物としての本能のまま動いているので、仕方がない部分もあります。 続きを読む 友達の数はステータス?

人間関係は生物的に見たらラクな方?

人間関係ほど複雑なものはありません。

本来、人間は集団でなければ生活できない生物ですが、アリやハチのように規則正しい関係でもなければ羊のようにおとなしい性格でもなく、ライオンやハゲタカのような捕食動物が持つ獰猛さも持っています。

きっと生物としての進化の途中で賢くなってしまったのでしょうが、中途半端に賢い状態なので人間関係でも悩んでしまうわけですね。 続きを読む 人間関係は生物的に見たらラクな方?

正しい名セリフの探し方!映画名言集

映画を観ずして、映画の名セリフのエッセンスを人生に活かそう、などと虫のいい話は通用しません。

名セリフを実感できるのは、その映画を観てから。

それが名セリフを活用する掟です。

どれほど世間の評判が高い映画であっても、自分で観てつまらない、と思ったら、そこに名セリフがどれほど散りばめられていようと心には届きません。 続きを読む 正しい名セリフの探し方!映画名言集

うまくいっていなければ終わりじゃない!映画名言集

もう1本、佳作からの名セリフを紹介しましょう。

日本では2013年に公開された「マリーゴールド・ホテルで会いましょう」は、優雅なリゾート生活を送るためにイギリスからインドのジャイプールにやってきた7人の熟年男女の物語です。

優雅なリゾートホテルのはずだったマリーゴールド・ホテル、じつは廃墟に近いぼろホテルで唖然とする7人、しかし出会った人たちや現地のゆったりした時間から新しい価値観を見出していく、という内容です。 続きを読む うまくいっていなければ終わりじゃない!映画名言集

芝刈り機で560kmを走破すれば!映画名言集

心がほんのりと温かくなるロード・ムービー「ストレイト・ストーリー」の続きです。

「あれで来たのか?」

これは兄ライルが弟アルヴィンに向かっていうセリフ。

ボロボロで速度も遅い芝刈り機で560kmを走破して、兄に会いに来た弟。

その芝刈り機を見れば10年の仲違いも一瞬のうちに氷解することは間違いありません。 続きを読む 芝刈り機で560kmを走破すれば!映画名言集

頑固ジイさんのロード・ムービーから!映画名言集

これまでメジャー級ヒット作の名セリフを並べてきましたが、ここからは小規模な作品だけれど、観た誰もが好評価を与えた佳作の名セリフを紹介しましょう。

最初は1999年の公開された「ストレイト・ストーリー」です。

アイオワ州のローレンスに住む73歳の老人アルヴィンが、ウイスコンシン州に住む倒れた兄ライルの元へ8km/hしか出ない芝刈り機に乗って、560kmを走るロード・ムービーです。 続きを読む 頑固ジイさんのロード・ムービーから!映画名言集

恐怖に支配されてはいけません!映画名言集

「英国王のスピーチ」をもう少し、続けましょう。

ジョージ5世崩御の後はジョージ6世の兄、皇太子デヴィットがエドワード8世として即位しました。

しかしエドワード8世は離婚歴のあるウォリス・シンプソン夫人との婚姻を望んでいます。

王室では離婚歴のある女性との結婚が認められていないため、ついにエドワード8世は退位、シンプソン夫人と結婚したことからジョージ6世が即位しました。 続きを読む 恐怖に支配されてはいけません!映画名言集

変わっていることこそオリジナリティの証!映画名言集

アメリカ・エンタメ映画で食傷気味になったので、口直し、ではありませんが佳作からの名セリフを紹介しましょう。

最初は2010年に公開されたイギリス映画「英国王のスピーチ」です。

イギリス王ジョージ6世と植民地出身の平民だった言語療法士の友情実話を映画化した物語で、第83回アカデミー賞では12部門と最多ノミネート、最終的には作品賞や監督賞、主演男優賞など4部門を受賞しました。

ジョージ6世は吃音で悩んでおり、1934年の大英帝国博覧会閉会式で父、ジョージ5世の代理で演説を行いますが、吃音のため演説は悲惨な結果に終わりました。 続きを読む 変わっていることこそオリジナリティの証!映画名言集