心の病の一番の原因はストレス

精神疾患にはいくつかの原因があります。

内因的なものだけではなく、外因的なものが原因になることもあります。

しかし、圧倒的に多い原因はストレスです。

外部からの圧力や刺激を受けると、心に歪みが生じます。

風船に力をかけると変形してしまうのと同じです。

スポンサーリンク

ストレスは心に歪みを生じさせ、心はその歪みを正したいと感じて反発します。

このせめぎ合いが心に余計な負荷をかけてしまうのです。

ストレスは誰しもが感じるものでしょう。

最近では子供でもストレスを感じるのだそうです。

ストレスは、人間関係や置かれた環境、仕事などの中で感じることが多くあります。

社会や学校など、人と関わらないで生きていくことは難しいはずです。

その中で感じていないと思っていても、多少のストレスはかかっているのです。

それが積み重なると、心に負担がかかりすぎて、病を患うことになります。

ストレスは知らず知らずのうちに忍び寄ってきます。

何も辛いことからだけ、かかるものではありません。

嬉しいことがあっても、それがストレスになることだってあるのです。

希望していた大学に合格しても、環境の変化からストレスを感じることもあります。

輝かしい未来がそこにあったとしても、その変化などがストレスを与えてしまうのです。

ストレスとうまく付き合うことが、心も健やかにいられる秘訣なのです。

関連記事(一部広告含む):