学校でのメンタルヘルス

近年、学校でのメンタルヘルスケアの必要性も言われています。

大人になるまで、生徒の心はまだ安定していません。

思春期にはちょっとしたことが、心を傷つけてしまうことがあります。

そこからメンタルヘルスを崩してしまいます。

何かの問題が起きたりしたらなおさらです。

学校でいじめが起きたり、喧嘩があったりすると、関係していなくても動揺してしまいます。

スポンサーリンク

学校という閉鎖的な空間では、教師などの大人たちが生徒を守らなくてはいけません。

細心の注意を払って、メンタルヘルスケアを行いましょう。

ただ、必ずしも自分たちで解決しようとはしないでください。

専門家の手が必要な場合もあるのです。

学校はあまり外部に任せようとせずに、学内だけで解決せさようとする傾向があります。

無理に解決させるのではなく、必要ならば外部機関の協力も仰ぎましょう。

そして、学校でのメンタルヘルスケアが必要なのは、何も生徒だけではありません。

最近では教職員もメンタルヘルスを崩すケースが増えているのです。

教師に対する生徒のいじめや反抗、モンスターペアレントのクレーム、長い労働時間。

メンタルヘルスを崩してしまって退職、休職してしまう教師が多くなっているのです。

学校の共済などでもメンタルヘルスケアを行っています。

学校では生徒にも教職員にもメンタルヘルスケアが必要なのです。

関連記事(一部広告含む):