心の病気とメンタルヘルス

心の病気には、体の病気と同様にいくつかの病気があります。

総合失調症や躁うつ病などの重度のものから、軽度の精神疾患まで様々です。

『こないだ風邪をひいちゃってさあ』のように『こないだ心の病気にかかってさあ』というような会話はあまり聞きません。

しかし、心の病気は特に珍しいものではないのです。

平成20年度に日本で精神疾患にかかった人は323万人でした。

スポンサーリンク

つまり、約40人に1人はかかっているのです。

また、生涯でかかる人は5人に1人と言われています。

それだけ誰でもかかるような病気なのです。

すぐに表に現れるような病気でもないので、水面下でかかっている人はそれ以上にいるはずです。

病気だと思わない人も多いでしょう。

また、病気だと思いたくない人もいるかもしれません。

精神的に弱いとか思われたくなかったり、恥ずかしいと思う人もいます。

しかし、珍しいものでも恥ずかしいものでもありません。

『もしかして』と思ったら、医療機関などに相談してみましょう。

放っておくと、よりこじらせてしまうことが多くあります。

心の病気は普通の病気なのです。

無理をせずに、まずは相談です。

関連記事(一部広告含む):