風水の人気が廃れたのはなぜ?

玄関に水物を置くな、とか、ピンク色の財布を持つと人間関係が潤滑になってお金が入ってきやすい、とか、とにかく巷に流布している風水に関する情報は末端的なことが多すぎて、因果関係がまったく分かりません。

風水は一時期の爆発的な人気に比べるとやや落ち着いてきた感があります。

占事が好きな人種にとっては「当たる占い」こそ本当の占いであり、「当たらない占い」はやがて廃る運命にありますが、「当たる占い」がないために「当たらなかった占い」はスパイラル現象で敗者復活し、再び「当たるかもしれない占い」として脚光を浴びます。

スポンサーリンク

風水人気も現在は落ち着いた感があっても、やがて星占いだとかタロットカードだとか八卦だとか、それらのニュータイプ出現後にまた人気沸騰する時期が来ます。

この端境期こそ、本当の風水を知るいいチャンス。

風水の末端的な情報に振り回されず、風水の測定方法や因果関係を知って末端情報の選別に役立たせてください。

「宇宙のエネルギーを集約して運気を高める」なんてNASAでさえダークエネルギーの物理法則を見つけていないし、そも、風水では宇宙エネルギーを集約するなんてことは一切言っていないのですから。

関連記事(一部広告含む):