瞑想を習慣とせよ

およそ、世に知られるほどの成功者となった人には、その形はなんであれ、一つの瞑想の習慣があるものだ。これらの人は、普通いわれる知識的な知恵を越える何らかの叡智的なものが、自分の内から湧き出てくることを信じているものである。

それは、直観とかひらめきとか呼ばれるものだが、これこそ、凡人をして偉大な成功者へと導く推進力なのである。ただ、ソファーにゆったりとして、目を閉じるだけの人もいるし、また、ヨギストのように端然と、足を組んで坐る人もいよう。しかし、そのやり方はどうでも良いのである。

スポンサーリンク

要は、自分の日常的意識を開放して、宇宙的意識へそれを同調させようという試みなのである。心身を、このように、リラックスして、すっかり受動的な気分になることは、健康を保持するためにも、大切なことである。また、緊張の連続で、疲労した頭脳や神経も、これによって休まる。

この瞑想によって得られる休息が、睡眠と異って、ある意味では優っているのは、正にこの点なのだ。すなわち、身体の疲れだけではなく、神経の疲れも解消するものである。こうして、この人の心身は、落ちつきと安心を得る。するとまた、エネルギッシュな活力に満ちてきて、生活の戦いの場へ再び戻ることが出来ようというものだ。

だから、もし、あなたが普通人以上の能力を得て、成功者への道を歩きたいと願うならば、この瞑想というものを身につけられることを、ぜひお勧めする。そのやり方は色々ある。ヨガや坐禅なら教室や寺がある。また特殊な瞑想法を布教している機関もある。また、本で勉強してもよい。幾つか試して、自分にもっとも合うと思われるものを採用されるのがよろしいだろう。

関連記事(一部広告含む):