成功イメージ瞑想の習慣を持てば、いつの日か実現する

名前を特につけて呼ばなくても、過去の偉大な成功者たちは、みな「瞑想」あるいは「祈り」の習慣をもっていた。

それは、座禅やヨガのように、ちゃんとした形式を持っていないものかも知れないが、たとえば、ソファーにゆったりと身を沈め、静かに身も心も解放し、宇宙的エネルギーと同調するような心身一如の休息をとっていたのである。また、毎朝必ず神仏や太陽を拝み、無事と繁盛を願った人々もいる。

このような習慣を持つ人は、時としてアイデアや機智に恵まれ、また、心的態度に落ちつきも出るので、これが余裕となって人心を魅きつけるもととなり、こうして成功への道を着実に歩むことになるのである。

スポンサーリンク

だから、あなたも自分の人生において成功を願うならば、このような瞑想の習慣を持つことだ。瞑想といっても、何もむずかしく考える必要はない。椅子か、正座、あるいはあぐらでもよい。とにかく背筋を真直ぐにして座り、目を閉じて、両肩から腕の力をすっかり抜き去り、静かに呼吸をととのえさえすれば良いのである。

三分から五分こうしていると非常におだやかな気分になってくる。この時、眠ってしまわないように注意する。そして、自分の欲する願いがすでに成就達成してしまったシーンについて、くりかえし楽しい想像をめぐらすのだ。

これを未来体験の先きどりとも、イメージ・リハーサルとも呼ぶ。とにかく、このようにしてくり返された成功のイメージは、深層意識に沈み、貯えられ、それはいつの日か、その人の人生に実現してくる種子となるのである。

関連記事(一部広告含む):