成功とは願ったことの成就達成を意味する

しかし、ここで注意しなければならないのは、前項62における成功者の意味は「物質的な力を得た」という、簡単にいえば「多額のおカネを得た」という狭義の意味の成功を指しているという点である。成功とは、何によらず、自分の目指していること、願っていることの達成であり、しかもその目的とするものは、人によって千差万別である。したがって、おカネを得たり、事業を拡大発展させることのみが、成功のすべてであるとはいいがたいのである。

たとえば、宗教活動でも、自分の願いが、その教えを出来るだけ世に広め、多くの人々を救いたいという気持ちから出た場合、それはおカネ以外の成功を目指すものである。この場合の情熱は、この人をして生き甲斐を得させている原動力であるかも知れないのだ。

スポンサーリンク

また例えば、芸術家、芸能人、学者などには、おカネ以外の目的や願いがあるし、その他に、ごく平凡なそしてなかなか難しい「なごやかな家庭生活」を作り上げて行こうとする主婦の願いも一つの成功を目指すものである。

成功からは二つの恩恵が人々に与えられるものだ。それはそれを得た瞬間の喜びと、それを目指し、毎日を張り切って努力しているその充実感を覚えるという喜びである。成功には、前記したような物質的なものから精神的なものまでいろいろなものがある。

しかし、それが何であるにせよ、そこに二つの恩恵がもたらされていないものは、人に幸福感を与えないし、幸福感の与えられない成功はニセモノの成功である、といって差しつかえない。

関連記事(一部広告含む):