病気のときこそセルフコントロール

 にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ

『病は気から』・・よく言われる言葉です。

病気は気の持ちようで、良くも悪くもなります。

例えば、37.0度の熱があったとしましょう。

『風邪をひいたっぽい、どうしよう』と思えば、熱は上がっていきます。

逆に『これぐらい、風邪じゃない』と思えれば、そこで止まって熱は下がっていくでしょう。

もちろん、必ずしもそうなるわけではありませんが、それぐらい気持ちが体に及ぼす影響は大きいのです。

気持ちが病原菌を追いやってくれます。

スポンサーリンク

病気のときは不安にもなり、ちょっとの風邪でも『もうダメかも』なんて思ってしまいますよね。

それでも『大丈夫!!』と強い気持ちを持ってください。

気持ちには、不治の病だって、その進行を遅らせるぐらいの力があります。

薬も大事ですが、セルフコントロールすることで、薬以上の効果を上げることだってあるのです。

また、躁鬱などの心の病気にもセルフコントロールは有効です。

心の病気は、多くの場合、不安などが大きくなってコントロールできなくなる状態です。

そのような状態に陥ると、なかなか制御するのは難しくなるでしょう。

それでも『大丈夫!!』と自分に言い聞かせることで、良い方向に持っていくことができます。

様々な病気にセルフコントロールは効果があるのです。

こんな記事も読まれています:


スポンサーリンク