マーフィーの法則は確率論?

マーフィーの法則には、『あるある』と思えるものが多くあります。

しかし、その法則は常に当てはまるのでしょうか?

例えば『修理工を待っていると、一日中待たされる。五分間だけ留守にすると、そのあいだにやってきて帰ってしまう』という法則。

本当にそうでしょうか?

確かに、そういう場合もあるでしょう。

それでも必ずということではありません。

スポンサーリンク

3時間待っていたとして、席を外したのは5分。

その間に来るというのは、確率的にはそれほど高くありません。

確率で言えば180分の5です。

実際に修理工を待つことがあったとして、席を外した5分の間に来る確率は3%もないぐらいです。

いくら運が悪くたって5~10%ぐらいではないでしょうか。

つまり、確率で言えばほとんど当てはまらないのです。

それでもマーフィーの法則には『あるある』と思ってしまうものが多くあります。

確率的に高いものではなくても、逆に低いからこそ、それが起こることを恐れるのです。

入る確率の高いPKを蹴るときに『外したらどうしよう』と怖がるのと同じようなものです。

5%ほどの確率しかなくても、体感的には数十%ぐらいに感じているかもしれません。

そして実際にその確率を上回って起きることもあります。

マーフィーの法則に確率は通じないのです。

関連記事(一部広告含む):