傘を持って行けば降らない!マーフィーの法則

降水確率40%、傘はどうしますか?

降りそうな気もするし、大丈夫そうな気もするぐらいですよね。

持っていった方が安全でしょうが、使わなければ邪魔にもなります。

降らない方が確率も高いのだし、持っていかなくてもいいか。

そう思って持っていかないで雨に降られること、ありませんか?

逆に傘を持って行くと雨が降らず、無駄になってしまうこともあります。

スポンサーリンク

迷ったときは、大体が裏目に出てしまうのです。

また、傘がないときに雨に降られて、コンビニなどで傘を買って出るとすぐに止む、なんてこともあります。

これらもマーフィーの法則の一つです。

準備したものは無駄になり、準備していないと必要になるのです。

傘が大きくてより邪魔になるときほど、その傘の出番は回ってこない、という法則もあります。

それらの法則に逆らうにはどうしたらいいのでしょうか?

それは、常に傘を持ち歩くことです。

多少邪魔でも、そうすればいつ雨に降られても大丈夫です。

持って行くかどうか、迷いが生じたときに法則は発動します。

だから迷わずにいつでも傘を持つようにすればいいのです。

関連記事(一部広告含む):