待っている電話はなかなかかかってこない!マーフィーの法則

どんなことでも、待っている時間は長く感じるものです。

1分でも長く感じて、数分、数十分にも思うでしょう。

5分や10分と決まっていればまだしも、それが決まっていなければより長く感じられます。

例えば、いつ来るかわからない電話。

何時に来るかもわからず待っているのは、本当に長く感じます。

それが気になって他のことが手に付かなかったり、つい何度も電話をチェックしてしまったり。

スポンサーリンク

待っている電話はなかなかかかってこないものです。

ちょっと席を外すのもはばかれます。

それでもトイレに立ったり少し席を外したちょっとの間、そういったときに待っていた電話はかかってきてしまうのです。

戻って折り返しても、今度は相手が席を外していて、結局、連絡がつかないことも。

そうやってタイミングが悪くて、なかなか話すことができなかった経験はありませんか?

待っているものは常にタイミングよく来てくれるとは限りません。

むしろ、タイミングが悪いときの方が多いぐらいです。

風呂から上がったばかりのときに荷物が届いたり、自分で買った後に同じ物を人から貰ったり。

タイミングが悪いのも、マーフィーの法則の一つです。

電話でも何でも、待つときはそんなに気にし過ぎないこと。

いつ来てもいいぐらいの気持ちでいれば、意外とタイミングよく来たりするものです。

果報は寝て待ちましょう。

関連記事(一部広告含む):