待っていると来ないけど!マーフィーの法則

マーフィーの法則の中に、こんなものがあります。

『修理工を待っていると、一日中待たされる。五分間だけ留守にすると、そのあいだにやってきて帰ってしまう』

そんな経験、ありませんか?

何かの修理だったり、宅配もそうです。

荷物が届くからと待っていても、なかなか来ない。

しびれをきらして少しコンビニに行って帰ってくると、ドアに不在票が挟まっている。

スポンサーリンク

そんな経験がある人も少なくないでしょう。

なんてタイミングが悪いのだろう、と思ってしまいますよね。

待ち合わせでもなかなか来ない相手を待っていて、ちょっとトイレに行った間に来てしまい、自分が遅刻したみたいになった、なんてことも。

逆にそれが嫌だからとずっと待っていて、一日を無駄に過ごしてしまった、ということもあるかもしれません。

何にせよ、待っている時間というものは、長く感じられます。

待っている1分と、何の気なしに過ぎる1分。

感覚的には同じようには思えません。

意識する時間というのは、長く感じられるものなのです。

ですから、修理工や宅配が来るのをただ待っていれば、時間が過ぎるのが遅く感じます。

そしていつまで経っても来ないように思うのです。

誰かを待つときは、そのことを意識し過ぎないこと。

それが人を待つ秘訣なのかもしれません。

関連記事(一部広告含む):