1回の失敗がマーフィーの法則を産む

マーフィーの法則はどのように生まれたのでしょうか?

その法則は、起こり得ないことではありません。

全て起こり得ることが法則になっています。

なぜ起こり得ると言いきれるかと言うと、実際にどこかで起きたことだからです。

それらは経験則から成り立っていて、誰かが経験したものなのです。

そう言われると説得力がありますよね。

スポンサーリンク

起こったことなら『そんなことあり得ない』なんて思わないでしょう。

ただし、実際に100%そうなるというものでもありません。

実際に経験したとはいえ、必ず起きるというわけでもないのです。

マーフィーの法則は、1回だけの失敗からでも生まれます。

10回傘を忘れたとして、そのうち1回、雨に降られるとします。

確率的には10%の出来事ですが、『傘を忘れたときに限って雨に降られる』となってしまうのです。

実際に経験したのだから、間違いではないのでしょうが、『限って』というわけでもありません。

そこまで頻繁に起きることでもなく、神経質になることもないでしょう。

『そういう可能性もある』と気に留めておくぐらいでいいのです。

10回に1回のことでも、100回に1回のことでも、それが次に起きないとは限りません。

何事も気を引き締めて行うようにすれば、きっと大丈夫なはず。

意識することで、マーフィーの法則を遠ざけることができるのです。

関連記事(一部広告含む):