信じる?信じない?マーフィーの法則

本当に失敗に法則はあるのでしょうか?

必ず成功する法則がないように、必ず失敗する法則もありません。

いくら確率が低くても、成功する確率が0ではない限り、可能性はあるはずです。

じゃんけんだっていくら弱い人でも、ずっと負け続けることがないのと同じです。

しかし、マーフィーの法則には『あるある』と思える事例が多くあり、実際に経験のある法則もあるでしょう。

スポンサーリンク

それではその法則は本当なのでしょうか?

『落としたトーストがバターを塗った面を下にして着地する確率は、カーペットの値段に比例する』

マーフィーの法則の代表的なものです。

『あるある』と思えますか?

実際に同じようなシチュエーションを経験した人は、それほど多くはないかもしれません。

それでも、『あり得る』と思う人は多いのではないでしょうか。

高価なカーペットではなくても、バターを塗った面を下にしてトーストを落としてしまったような経験はありませんか?

その経験から『あり得る』と思えるのです。

実際、そこには科学的な根拠や統計なんてありません。

しかし、それを『あり得る』と思わせるのがマーフィーの法則です。

必ずではなくても、法則を知っておけばそれなりの覚悟ができるはず。

信じる信じないはそれから判断すればいいのです。

関連記事(一部広告含む):