マーフィーの法則って何?

『マーフィーの法則』を知っていますか?

聞いたことがある人も多いでしょう。

90年代には世界的にも流行りました。

元々は1940年代、アメリカ空軍のエンジニアをしていたマーフィーの言葉から始まったものです。

『いくつかの方法があって、1つが悲惨な結果に終わる方法であるとき、人はそれを選ぶ』

スポンサーリンク

研究の失敗を調べていた際、その原因を見つけてこうマーフィーはこう言ったのです。

それを元にしたものが、マーフィーの法則です。

この法則は、基本的には失敗の法則です。

どういうときに失敗するのか、決して根拠はないけれど、経験則から多くの法則が生まれました。

マーフィーの法則は、それをユーモアで示し、「あるある」と笑えて、しかもそれが教訓のようにも思えます。

『失敗する可能性のあるものは、失敗する』

その中でも有名な法則です。

失敗というものは、誰しもの身近にあるものです。

どんなに成功した人だって、知られていないだけで多くの失敗の上にその成功は成り立っています。

失敗は避けられなく、しょうがないものです。

マーフィーの法則を知って、その失敗を覚悟しましょう。

そうすれば、何事に対しても心持ちが変わってきます。

その心持ちが、成功をも近づけてくれるはずです。

関連記事(一部広告含む):