最後の2択は外れる?マーフィーの法則

 にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ

4拓の問題があったとします。

明らかに違う選択肢や引っかけのような選択肢を外して、あとは2つ。

どちらも正解のような気もするし、どちらだろう。

そして悩んだ答えが外れること、よくあると思いませんか?

『ああ、そっちだったか』『最後まで迷ったんだよなー』

最後の2つで悩んだときは、大体選ばなかった方が正解になるのです。

スポンサーリンク

これもマーフィーの法則です。

かといってAだと思うからBを選んだら、正解はAだったりもします。

法則には逆らえず、選ばない方が正解になってしまうということです。

でも、それだと皆が外れてしまいますよね?

実際に正解を導いている人もいます。

何が違うのでしょうか?

それは、ちゃんと明確な判断で選ぶ、ということです。

2つまで絞ったのはいいとしても、最終的に何となく雰囲気で選んではいませんか?

そこからちゃんと選びきることが正解に結び付くのです。

2つまでに絞るのは、問題の作者も織り込み済みです。

そこからどうやって不正解に導こうかと、考えて問題を作っているのです。

マーフィーの法則や問題作者の誘導に負けずに、正解を選ぶようにしましょう。

関連記事(一部広告含む):