電車で自分の前の席だけ空かない!マーフィーの法則

 にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ

毎朝の満員電車、ゆられていると会社に行く前に疲れてしまいます。

せめて座れたら体を休めることもできるのに。

そう思っている人も多く、席の争奪戦は激しいものになります。

席が空きそうならそこを何人ものサラリーマンたちが狙い、つかの間の休息を求めるのです。

『次の駅で目の前の人が降りてくれたら』そう思うことも少なくはないでしょう。

しかし、実際はなかなか目の前の人は降りてくれません。

スポンサーリンク

斜め前に座っている人は降りて、隣に立っている人は座れたりして。

次の駅で降りそうな人を見つけて移動してその前に立っても、全然降りなかったり。

逆に移動する前の場所の前に座っていた人が降りていったり。

そんなことを繰り返して、結局座れずに過ごしてしまう朝の方が多いかもしれません。

怏々にして、自分の前の席だけ空かない、と感じるものです。

現実的にはそんなことはないはず。

よっぽどの運の悪い人でなければ、確率的には誰とも変わりません。

それでも疲れていてどうしても座りたいときにこそ座れなかったりして、そう感じるのでしょう。

自分の前だけ空かない、と思っている人は意外と多いのですが、皆が実際にそうだったら誰の前が空くのでしょうか?

いつも自分の前だけが空く、と思っている人がいるでしょうか?

きっといませんよね。

確率は同じはずです。

あまり考えずに、目の前の席が空くのを気長に待ちましょう。

関連記事(一部広告含む):