書類の間違いに気付く!マーフィーの法則

自分に任された大事な書類。

時間をかけて、間違いのないように何度も見直すでしょう。

書類を作る上で、パソコンの画面で何度も確認して推敲します。

より良いものをと考えながら、悩みに悩んでできた書類。

最終確認して、いざ提出です。

プリントアウトして、プレゼンや会議で使う書類なら人数分を刷って、結構な枚数になるかもしれません。

スポンサーリンク

それをホッチキスで止めて、これで準備万端!!

……のはずが、ふと目に留まる書類の誤字。

ちゃんとチェックしたはずなのに、しかもごまかしのきかないところが間違えていて。

こんなところ、間違えていたら気が付きそうなのに、と不思議に思うかもしれませんが、何はともあれやり直さないといけません。

しかし、そんなときに限ってプリンターが壊れたりして。

会議の時間は近づくも、それでもプリンターは直らず。

結局、間違いは手書きで直して、後で上司に小言を言われてしまうでしょう。

ちなみに、プリンターは会議が始まるとすぐに直ったりもして。

こんな経験ありますか?

ないかもしれませんが、これから起きないとも限りません。

マーフィーの法則では、可能性のある悪いことは、いつか起きるのです。

書類の誤字や、プリンターの機嫌には気を付ける様にしましょう。

関連記事(一部広告含む):