バターを塗った面は!マーフィーの法則

バターを塗ったトースト。

落としてしまったら何を思いますか?

きっと『バターを塗った面が下になるな!!』と思うでしょう。

バターの面じゃなければ被害はパンだけで済みますが、バターを塗った面が落ちてしまえば、掃除をしたり、カーペットならクリーニングに出す必要もでてきてしまいます。

単純に考えれば、バターを塗った面が下になるのは半々の確率です。

スポンサーリンク

しかし、ここにもマーフィーの法則があります。

それは、『落としたトーストがバターを塗った面を下にして着地する確率は、カーペットの値段に比例する』というものです。

安いカーペットならほとんど被害は出ず、逆に高ければ高いほどバターを塗った面がカーペットの上に落ちてしまう、というのです。

『そんなまさか』と思う人もいるかもしれません。

確かに、確率にはカーペットの値段なんて関係ないはずです。

そこにお金が入る余地なんてないのですから。

ただ、私たちの『バターを塗った面が下になるな!!』という気持ちはカーペットの値段に比例して大きくなっていきます。

気持ちが大きいほど、バターの面が下になってしまったときのショックも大きくなります。

つまり、ショックが大きいほど印象に残っていて、実際はそんなことなくても『高いカーペットの方がバター面が下になる』と思い込んでしまうのです。

ということがわかっていても、やはり心配してしまいますよね。

いっそのこと、高いカーペットの上でトーストを食べないようにしたらいいのかもしれません。

関連記事(一部広告含む):