アクセサリーに思いを込めてセルフコントロール

 にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ

自分を抑えられなくなることがあります。

穏やかにいたいと思っていても、つい怒ってしまったり、後悔や不安、心配などによって心を乱されてしまうことも多々あるでしょう。

気持ちは自然に思うもので、それは変えられません。

思ってしまったものは取り消せないのです。

ただし、その思いに振り回されないようにすることはできます。

思ってから気をつければいいことです。

気を付けるということも、既に思いに飲み込まれていたらどうしようもありません。

スポンサーリンク

理性が働かない状態になっているのですから。

抑えようにも、抑えられないでしょう。

そんなときは、何か決まったことをするようにしておくといいのです。

興奮したら深呼吸をしてみるとか、手で顔を叩いて冷静になるとか。

その行動も理性ですが、癖のようにしておけば、咄嗟のときにもできるはずです。

また、指輪やブレスレットに思いを込めて、それを身に付けておくのも効果があります。

そもそも、装飾品というのは願掛けの意味がありました。

ミサンガなどは、今でもそのような意味がありますし、結婚指輪は夫婦の約束です。

それと同様に、『怒って我を忘れないように』『後悔して落ち込まないように』などと願をかけて、指輪などを身に付けるのです。

そうすれば、感情に乱されそうになったときにそれを見ると、気持ちを落ち着かせることができます。

恋人や家族などからのプレゼントならば、より効力があるでしょう。

大切な人との約束は、破れないですものね。

思いをこめたアクセサリーでセルフコントロールしましょう。

こんな記事も読まれています:


スポンサーリンク