自己嫌悪をコントロールする

 にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ

自分のことが嫌になってしまうこと、それが自己嫌悪です。

自己嫌悪はネガティブな感情で、陥るとなかなか抜け出せなくなることもあります。

一つの失敗や失望などから、自己嫌悪を感じてしまいます。

『あのとき、なんであんなことを言っちゃったんだろう』『あんな失敗をするなんて、ダメな奴だ』と落ち込みます。

自己嫌悪が過ぎると、何をしても失敗のように思えてくることも。

上手くいったことでも、『もっと上手くできたんじゃないか』と思ってしまい、満足できなくなってしまうのです。

スポンサーリンク

自分の行いなどは反省すべきでしょうが、自分を嫌いにまでならなくてもいいでしょう。

自己嫌悪に陥りそうになったら、まず自分を許すことから始めましょう。

失敗しても、それを許すのです。

人間は不完全な生き物です。

だから世の中には何十億人もいて、助け合って生きています。

ですから、失敗に対して、そんなに責任を感じる必要はありません。

不完全なのが人間なのです。

また、自分が気にしていることでも、他人から見たら全然気にならない、ということだってあります。

気にし過ぎる必要もないのです。

自分の側にいるのは自分。

自分をよく知るのも自分。

そんな自分のことを嫌いになってしまっては、自分が可愛そうじゃないですか?

よく知る人に嫌われたら、好きになってくれる人なんていないかもしれません。

人にどう思われようと、自分ぐらいは自分を好きでいてあげましょう。

自己嫌悪なんて、自分を傷つけることはやめなくてはいけません。

不完全な自分でも、好きでいてあげるのです。

こんな記事も読まれています:


スポンサーリンク