怒りをコントロールする

 にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ

人は怒っているときが、一番理性が働かない状態かもしれません。

つい直情的になってしまい、感情が露わになってしまいます。

人に隠すのが一番難しい感情でしょう。

怒りに任せてついムキになり余計なことを言ってしまったり、喧嘩になってしまったりして、人間関係を壊してしまうこともあります。

自分や相手を傷つけてしまうことも。

怒りというのは誰しもが持つ感情ですが、時として抑えなくてはいけません。

怒りをコントロールする方法はいくつかあります。

スポンサーリンク

まず一つは、怒りの理由を考えることです。

例えば人から辛辣なことを言われたとしましょう。

それに対して、つい怒りがこみあげてきた。

しかし、よく考えてみてください。

その辛辣な言葉は、あなたを傷つけるための言葉ですか?

逆にあなたを思っての言葉かもしれません。

その言葉を受け入れてみれば、怒りではなく感謝の気持ちすら湧いてくることもあります。

痛いところを突かれて、自分を怒りでごまかしているだけなのかも。

また、怒っていると、次第に何で怒っているのかわからなくなってきます。

思い返してみると、そんなに怒らなくてもいいことだった、なんてこともあります。

とっさに言い返したりせずに、ちょっと考えてみましょう。

怒ってしまったときは、深呼吸も効果的です。

深く息をすれば、頭も冷静になり、気持ちが落ち着きます。

楽しいことを思い浮かべるのもいいでしょう。

ただし、感情的になっているときは、なかなかそこまで気が回らないかもしれません。

それならば、身近に楽しめる写真や和むものなどを置いておくのも手です。

また、無理に笑顔を作ってみると、少し楽しくなってきます。

笑顔が気持ちを作ることだってあるのです。

心が怒りに支配されそうなときは、これらの方法で怒りをコントロールしましょう。

関連記事(一部広告含む):