人前に出る時のリラックス法

 にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ

人前に出るとき、緊張してしまう人は多いでしょう。

そんなときによく言うのは、手のひらに『人』という字を書いて飲む、というおまじないです。

『人を飲む』ということです。

あとは『目の前の人のことをかぼちゃだと思え』というのもよく言います。

確かにかぼちゃが相手なら緊張もしないですものね。

スポンサーリンク

何かを人前で発表するとき、発言するとき、多くの人の目が注がれます。

『噛んでしまったらどうしよう』

『頭が真っ白になって、話すことを忘れてしまったらどうしよう』

『他の人は自分のことをバカにしているのではないか』

そんな風に考えてしまって、心も体も緊張してしまいます。

人前に出たくない、と思ってしまうかもしれません。

しかし、そもそも人前で話をするのはなぜでしょうか?

プレゼンだったり発表だったり、何かを伝えたくて話をするのではないのですか?

伝えたいことがあるのなら、それを伝えるために話しましょう。

噛んだって頭が真っ白になったっていいのです。

伝えたいことを伝えられればそれで。

間違えたらどうしようと考えるよりも、伝えるために声を出してください。

また、コンサートなどでも、お客さんは歌手をバカにするために行きますか?

歌を聴きたいから行くのではありませんか?

なら目の前の人々も、あなたの話を待っているのです。

その気持ちに応えられるよう、一生懸命伝えましょう。

くれぐれも、緊張している場合ではありませんよ。

関連記事(一部広告含む):