お風呂は何よりのリラックス法

 にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ

副交感神経を活動させる最適な方法は睡眠をよく取ること。

睡眠をしっかり取っておけば、また交感神経も活発に活動できるので頭の回転も働き、意欲的に行動できるのでストレスにも対処できますね。

しかし現代社会、なかなか睡眠がしっかり取れないから、その分、リラックスする方法が次々と考えだされています。

ネットのなかにはリラックス方法の情報が溢れ返っているので、ここでそれらを紹介するよりも自分に取って効果的な方法を見つけるのがベスト。

ここでは溢れ返っているリラックス方法を交感神経と副交感神経の観点から検証し、状況別で有効的なリラックス方法をご紹介しましょう。

リラックス方法でよく取り上げられるのがお風呂。

スポンサーリンク

これは事務職など同じ姿勢で緊張を強いられる人には最適なリラックス方法です。

デスクに向かって同じ姿勢でいると筋肉が硬直して血管を収縮させます。

身体を動かさなくても緊張から血管を収縮させるのは交感神経の役割で、長く血管を収縮させていれば当然、血行障害を起こします。

体温よりやや高めの湯を張ったお風呂にゆっくり浸かると、収縮していた血管が拡大し、副交感神経が作用する血行促進につながります。

血管が収縮していた時には肌まで到達していなかった血流が通るようになって肌の活性化にも役立ちますね。

ただし、熱すぎる湯は自律神経が危機感を覚え、交感神経を働かせてしまうので目が覚めてしまい、逆効果になってしまうので注意してください。

こんな記事も読まれています:


スポンサーリンク