使わなくなったパワーストーンは自然に返す

 にほんブログ村 小遣いブログ 宝くじへ

使わなくなったパワーストーンや、割れてしまったパワーストーン。

どうすればいいのでしょうか?

パワーストーンは放っておくと、力を放電してしまうこともあります。

押入れの奥にしまっていてもそこで力を出して、部屋の気が意図しない流れになってしまうことも。

悪いことが起きるとまではいきませんが、気のバランスが悪くなってしまいます。

しかし、処分しようにも、どこに出したらいいのかも難しいところです。

燃えないゴミとしても出せますが、お世話になったパワーストーンに対して少し失礼な気もしますよね。

スポンサーリンク

パワーストーンはお守りのようなものとして、神社やお寺で預かってくれるところもあります。

感謝の気持ちとともに納めましょう。

ただし、神社などによってパワーストーンは納められないところもありますので、持っていく前に問い合わせてください。

最近では、燃えないものは納められないというところも多いようです。

手元に置いておいても構いませんが、そういうときは水晶と一緒に半紙などに包み、暗いところで保管するようにしてください。

石は元々、暗いところにあったものです。

ですので、そういうところだと落ち着いて穏やかに過ごせるようです。

一番良いのは、自然に返すことでしょう。

本来は、石は自然のもの。

ですから居心地も良いはずです。

土に埋めたり、川や海などに感謝の気持ちを込めながら流してあげましょう。

その際、当然ですが環境破壊にならないように、金具などが付いていたら必ず外し、石だけを自然に返すようにしてください。

ちなみに、川などで綺麗な石を拾ってパワーストーンとして持ち帰る人がいますが、それはあまりお勧めできません。

このように誰かが自然に返した、役目を果たした石かもしれないからです。

自然に返って効力が復活した可能性もありますが、それでも力が弱かったり邪気が混じっていることもあります。

浄化できないこともありますので、注意してください。

パワーストーンを手放すとき、一番大事なのは感謝の気持ちです。

その思いを込めて、気持ちよく手放しましょう。

関連記事(一部広告含む):