完全主義は危険である

超自我の持つ危険性の一つに「完全主義」がある。これも幼児の親のしつけにその原因があることが多い。例えば、母親が厳しく、その子が学校で、かなり良い成績をとっても容易にほめない場合、この子は必死になって勉強し、母親の笑顔を見ようとする。

これは、子が親の愛情を得ようとする涙ぐましい努力である。しかし、母親は決して100パーセント、彼に対してOKを出さない。そして、より高き理想を示し、それを彼に期待するのである。

この幼児体験は、彼の潜在意識に刷り込まれ、やがて母親が死んでも、その役目は彼の内心の超自我がとって代わる。そして「まだ、足りない。もっともっと」と彼自身を叱咤して止むことがない。

スポンサーリンク

こうした完全主義は、彼をして、しばしば物質的成功に駆りたてる。しかし、その反面失うものは多い。その失うものとは、たとえば健康であり、また友情である。その他にも、何らかの災厄を招きやすくなる。前記の彼は、会社を設立し、発展させたが不況と友人の裏切りにあい、一度倒産している。

家族、つまり彼の妻や子供との折り合いは良くない。その事業は好転し、現在、仕事はうまく行っているが、問題なのは、彼の健康である。彼は胃を悪くして、すでに二回の手術を受けている。医者はそれを働きすぎであると警告し、三回の手術となれば命は保証できませんよ、といっている。

にもかかわらず、彼の完全主義は勢いが衰えそうにない。それは、彼の超自我が彼の母親にかわって「もっとがんばらなければ、私は決して満足しませんよ」といっているからである。

関連記事(一部広告含む):