タバコの煙は嫌煙者の元に流れる?マーフィーの法則

嫌煙者にとって、タバコの煙は嫌なものです。

喫茶店や飲み屋、街中など、禁煙席が増えたとは言え、それでも煙は漂っています。

マーフィーの法則にも、煙に関するものもあります。

『タバコ、バーベキュー、あるいはキャンプファイヤーの煙は、煙に敏感な人の顔に向かって漂う傾向がある』

確かに、と思う人も多いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

『タバコの煙は嫌いな人に行く』という言葉は、マーフィーの法則ではないところでも昔から言われていました。

実際にそういう場面に出会いますよね。

何人かでご飯を食べに行ったら、嫌煙者のところに煙は流れていって、文字通り煙たがっていたりします。

タバコの煙は意志を持って、そういった嫌がらせをしているのでしょうか?

もちろん、そんなことはありません。

タバコを吸っている人が、嫌煙者に対して故意に煙を流して嫌がらせをしているというわけでもなく、煙は平等に流れます。

嫌煙者にも、そうでない人にも。

ただし、嫌がるのは嫌煙者です。

別に気にしない人の元に煙がいっても特に気になりません。

だから煙が嫌煙者のところだけにいくように感じるのです。

実際にはそれほど変わらないのですから、気にし過ぎないようにしましょう。

それが一番の対策です。

関連記事(一部広告含む):