この仕事って意味があるの?マーフィーの法則

期日が迫っていて、徹夜でやったその仕事。

心身ともに疲れ果ててもやり遂げたなら、達成感はあるでしょう。

これで誰かの役に立てば本望です。

しかし、急ぎでと言われてやったのに、意外とその仕事は使われなかったりもします。

だったらもう少し期日を延ばしてくれたらよかったのに、なんて思いますよね。

スポンサーリンク

マーフィーの法則でも『徹夜でやった急ぎの仕事は2日は必要とされない』という言葉があります。

じゃあ急ぎの仕事は2日先を見越してやればいいか、と言うとそんなことはありません。

きっとそうした場合には、本当に急ぎで必要とされるでしょう。

『何でやっていないんだ!!』と叱られてしまいます。

使わないこともある、という程度で考えなくてはいけません。

急ぎと言われた仕事は、急ぐに越したことはないのです。

徹夜したことが徒労に終わったとしても、そういうこともある、ということ。

決して意味がなかったというわけではありません。

たとえそれを2日だけではなくずっと使わなかったとしても、何かしらの意味はあるはず。

自らのスキルアップにも繋がりますし、経験にもなります。

意味のない仕事などないと、徹夜してでも頑張りましょう。

ただし、頑張り過ぎは心身ともに壊してしまいますので、ほどほどに。

体を壊してしまっても意味ないですから。

関連記事(一部広告含む):