体全部を使って和太鼓を叩く!和太鼓入門

太鼓を叩いているとき、どのような姿勢でいますか?

集中するあまり猫背になっていたりしませんか?

太鼓を叩いていると皆から注目されます。

そのとき、姿勢が悪かったりすると、ちょっとがっかりされてしまう場合があります。

逆に、背筋が伸びて堂々としていれば、太鼓の音も二割増しぐらいで聞こえるかもしれません。

スポンサーリンク

和太鼓を叩くときの姿勢の一つに『股割り』と呼ばれる姿勢があります。

足を肩幅より少し広く開き、爪先を少し外側に開きます。

そして上体はそのままで膝を外側に曲げて腰を落とします。

これが『股割り』と呼ばれ、この姿勢で上下や左右に動いて太鼓を叩くのです。

太鼓に正対して叩くこともありますし、横に向いて叩くこともあります。

どちらにせよ、やはり背筋は伸びてシャンとしています。

股割りでなくても構いませんが、姿勢を良くしてかっこよく叩きましょう。

また、横の部分を叩くときでも太鼓の左右上下、広く使い分けるだけで見た目がダイナミックになります。

体をフルに使って太鼓を叩きましょう。

膝を使って体重を乗せて、つま先でリズムをとって。

腕だけではなく、体全部で叩くのです。

その姿は常に誰かに見られていますから。

関連記事(一部広告含む):