和太鼓を叩くときは何を着る?和太鼓入門

盆踊りを踊るとき、基本的に浴衣を着て踊ります。

浴衣を着て踊れるように、激しい動きは入っていません。

手ぬぐいを使う踊りもあり、浴衣に手ぬぐいという格好が正装になります。

では、太鼓を叩くときは何を着たらいいのでしょうか?

太鼓叩きの人のイメージはさらしでしょうか?

さらしを巻いて太鼓を叩く姿はかっこいいですよね。

スポンサーリンク

あとははっぴもあります。

浴衣も力強さはあまりありませんが、イナセな感じはします。

祭やその団体によって決まっている場合はあります。

決まっていない場合は特に何を着ても構いません。

それでもやはり服は気にしたいですよね。

やぐらの上は目立ちますし、太鼓叩きにとってはそこはステージなのです。

ステージに立つときは、それなりの衣装を着ましょう。

祭らしい格好が一番ふさわしいかと思います。

他にも、常にアロハ姿の人を見たことがあります。

日本の祭には少し合わない気がしますが、それはそれでかっこよかったです。

その人には『アロハの兄ちゃん』というあだ名が付いていました。

そうした少しひねった衣装でも、イナセにかっこつけましょう。

関連記事(一部広告含む):