セルフコントロールで悪癖を改善

『なくて七癖』と言うように、人には様々な癖があります。

貧乏ゆすりやちょっとした仕草、浪費癖など、多くの人に心当たりがあるでしょう。

誰しもが持っているものです。

誰にも迷惑がかからないようなものなら、特に気にすることはありません。

しかし、意外と貧乏ゆすりだって、周りの人は気にしていたりします。

大したことなさそうなものでも、ちょっと周りの目を気にしてみましょう。

スポンサーリンク

浪費癖などは、悪癖の一つです。

衝動的な過食や、現実逃避なども悪癖と言えるかもしれません。

癖というのは無意識や衝動的に行っていることが多く、そのほとんどはあまり良いものではないのです。

そのような癖も、セルフコントロールで改善することができます。

まず第一に、その癖を自覚してください。

意外と自分では気付いていなくて、他人からしか見えていない癖というものもあります。

身近にいる人に聞いてみてもいいでしょう。

そしてその癖を自覚し、意識します。

大体、無意識にしていることが多いので、その癖が出たときに言ってもらえれば気付くことができるでしょう。

そしてその癖の意味を考えてみます。

どんな癖にも意味があるものです。

例えば浪費癖は、満たされない心を買い物で満たしている癖です。

貧乏ゆすりは、心が落ち着かなかったりイライラした気持ちの現れです。

癖を単に我慢しても、なかなか直りません。

我慢するのではなく、その癖の元を絶ちましょう。

心が満たされないなら、どうしたら満たされるか考え、実行します。

イライラするなら、その原因を取り除きます。

そうして元を改善すれば、癖も直るはず。

セルフコントロールで、悪癖を改善しましょう。

関連記事(一部広告含む):