偶然という演出が恋愛のスパイスになる

 にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ

バレンタインデーの恋愛成就のためには戦術が必要です。

「主導権を握って変幻自在に戦え」は孫子の兵法ですが、主導権を握るための変幻自在、最初は「偶然」を利用するところまで話しました。

ロマンチックな出会いに「偶然」は欠かせません。

運命の出会いは必ず偶然から起きるもの、と相場が決まっています。

偶然こそ、恋愛の大切なスパイスなのです。

だからといって路地の角で待ち伏せし、無理やり意中の人と正面衝突する必要はありません。

最初は偶然を装い、微笑むだけでいいのです。

何しろ、これは下地作りなので、焦ってその場でなんとか会話に持ち込む必要はありません。

スポンサーリンク

演出した偶然によって意中の人が話しかけてくれば儲けもの、話しかけてこないにしても会釈をするだけで、相手は貴女のことを印象に残します。

これを2~3回続ければ、会話も自然と生まれてくるでしょう。

自然に会話が生まれなかった場合はどうしたらいいか、って?

孫子の説いた兵法にはこんな戦術もあります。

「勝算があれば戦い、なければ戦わない」。

せっかくの偶然、それを棒に振るような草食系男子であれば恋愛に持ち込んでも苦労する朴念仁なので、さっさと諦めるのも方法のひとつですよ。

関連記事(一部広告含む):