人間関係が良くなる言葉の使い方

話し方一つで、人間関係は良くも悪くもなります。

人間関係は会話で築かれると言っても過言ではありません。

コミュニケーションの多くは会話によって行われるからです。

人間関係を良くしたいと思うのならば、会話に気を遣いましょう。

話していて気持ちのいい人と、あまり話したくない人がいます。

その違いは何でしょうか?

スポンサーリンク

話していて気持ちのいい人は、基本的にプラスの言葉を使います。

『楽しい』『面白い』『気分が良い』などです。

誰かを傷つけるようなことは話しません。

プラスの言葉がプラスのオーラをまとい、人間関係も良くなります。

反対にマイナスの言葉を使えば、マイナスの力が働き、人間関係は悪くなります。

否定的なことしか言わない人とは、あまり一緒にいたくありませんよね。

もちろん、たまには愚痴も言いたいこともあるでしょう。

しかし、愚痴ばかりだと『あの人と話していても愚痴しか言わないからつまらない』と、周りから敬遠されてしまいます。

愚痴もほどほどにしておきましょう。

ただ、楽しく話していても、それが自分勝手だと他の人は面白くありません。

話したいことだけ話しても、自己満足で終わってしまい、独り言と変わらないのです。

大事なのは、会話を楽しむことです。

その気持ちがあれば、自然と言葉もプラスの言葉が多くなるでしょう。

お互いが楽しい会話ができれば、人間関係は上手くいくのです。

みんなの名言・格言!言葉の力(無料壁紙)

名言・格言額!心に残る言葉の贈り物

関連記事(一部広告含む):