日本の伝統的家事が失われる前に

※男性の方はコチラ ⇒ モテる秘訣!モテる男の恋愛十か条

炊事洗濯というシンプルな家事を女子力とすることに抵抗を覚える女性もいるでしょう。

しかし、このシンプルな家事はすでに日本の家庭から伝承が失われつつあります。

家庭内に箒(ほうき)がないことを見ても分かるでしょう。

ホコリやチリは掃除機と空気清浄機によってクリーン化され、電子レンジやインスタント食品によって食事を済ますこともでき、洗濯は洗濯機の指示にしたがえばドラム内に汚れ物を入れておくだけで完成です。

スポンサーリンク

でも、これらの道具がなかったら、どうやって家事をするのでしょうか?

かつて、畳のある家では飲み終えたお茶っ葉を絞って畳に撒いて、ホコリを立てないようにして箒で履いたものです。

今、ご飯を炊く道具として、かつて薪と羽釜で炊いたご飯の美味しさを再現しようと試みる炊飯器が登場していますが、一体、どれほどの女性が羽釜でご飯を炊けるのでしょうか?

日本における炊事洗濯は、いわば日本で失われつつある風習であり文化だったのです。

しかし、これらの風習や文化をきちんと伝承している家庭はけっして多くありません。

もし、これから女子力アップのために家事を学ぼうとするのであれば、祖母や近所のお婆ちゃんに教わるのがベストです。

おそらく、現存する高齢者がいなくなった後、日本の家事を正確にできる人は極端に少なくなるでしょう。

日本に伝承される家事のスキルを高めるチャンスは、今しかないのです。

こんな記事も読まれています: