欲望の火こそ、成功の原点である

運を興すものは、自分の内に燃え上がる欲望の火である。

すべての事が成るためには、この欲望の火こそ、その原点であり、この火なくしては何によらず成功はあり得ない。

故に、心の内に、常に願い求める情熱の火をかき立て続けることが大切である。

ところが、世間の人々、周囲の隣人、友人たちは、善意からであるにしろ、それにとかく水を差すのである。

スポンサーリンク

宗教家は欲望の悪をいい、清浄な無欲の境地をたたえる。

友人たちは、謙虚であれとすすめる。

こうして、欲望の火は、その勢いが衰え、その人は消極的な人生を歩むことになってしまう。

人生は燃えて生きるべきである。

そして、その燃えるとは欲望そのものが燃料になるのだ。

問題なのは、燃料そのものが悪なのではなく、時に人は、その欲望達成の手段において、悪となってしまうことがあるということなのだ。

関連記事(一部広告含む):