インスタントくじ8枚の中に10万円の当たりが

前回話した夢は、そんなときに見たものであった。

その日、私が宝くじ売り場で、夢で得たお告げの通り、インスタントクジ券を買ったことは言うまでもない。

しかも、夢の通り8枚という中途半端な枚数分を買ったのだ。

そして、その中の一枚が、本当に10万円の当選券だったというわけだ。

これぞ「無意識の力」なのだ。その力を信じていたからこそ、私は夢のヒント(情報)通りに8枚分購入したのだ。

スポンサーリンク

それをインスタント以外の他の宝くじにしても、あるいは5枚や10枚買っていても10万円の当選は果たせなかっただろう。

8枚買ったからこそ、その中に10万円が含まれていたのだ。

もちろん、この10万円のみでは、私が必要としていた金額には満たなかったのだが、その後、事態はよい方向に進展していった。

歯の治療は、元々通っていた歯医者へ行くと、ブリッジを掛ける必要はないと言われ、他の歯も安い料金で丁寧に治療されたし、また高額で買わされた商品についても、スムーズに契約解消することができた。

結局、当選金の10万円もその時には使われることなく、貯金されることとなったのだ。

もっと夢の中のヒントを見直してみよう。

関連記事(一部広告含む):