売り場やイニシャルで宝くじが当たる?

『当たる宝くじの売り場』というものがあります。

そう呼ばれるようなところは、毎年ジャンボ宝くじの時期になると、長蛇の列ができます。

西銀座チャンスセンターなどは、毎年のようにテレビで写されています。

その中でも人気のある1番窓口で買うには、日によっては1時間以上も並ばなくてはいけません。

全国にはそのように、良く当たる売り場というものが存在します。

しかし、本当に当たりやすいのでしょうか?

スポンサーリンク

実際、宝くじの確率は決まっています。

その確率はどこで買っても同じなはずです。

『1等、この売り場から出ました!!』という張り紙が多いところもありますが、それはそれだけの枚数が売れているからです。

一度その売り場から高額当選が出ると、それを聞きつけて多くの人が買い求めます。

そうすればそれだけ多くの枚数が売れ、再び高額当選者が出る確率が高まります。

そうして『当たる宝くじ売り場』というのができるのです。

当たるイニシャル、性別、買った日の天気、なども発表されていますが、それは今までの統計なだけであって、その条件をより満たしている人が当たりやすい、ということはないでしょう。

ただ、当たる売り場でそれらの条件を満たして買えば、自信はつきます。

『できることは全てやったので、絶対に当たる!!』と。

そういう自信や気持ちは、良いツキを呼び寄せます。

ロト6当選!夢活用法

宝くじの当たる当たらないは確率の問題ですが、その自信がその確率をちょっとでも左右することもあるのです。

関連記事(一部広告含む):