厄年を気にし過ぎてはいけない!

厄年だからおとなしくして、あまり行動を起こさない方がいい。

厄年だから結婚や出産はやめておこう。

そのように厄年だからと、何でも自粛したりするのも良くありません。

厄年は注意をする年です。

気を付ける必要はありますが、気にし過ぎるのは良くないのです。

正しく厄年の意味を知り、日々の生活や体調に注意を払い、厄払いなど行えば、むしろいつもよりも良い年を送れるかもしれません。

スポンサーリンク

常に厄を意識していると、ネガティブな気持ちになってきます。

『良くないことが起きるのではないか?』という気持ちが、実際に悪いものを呼んできてしまうこともあります。

それがストレスになり、体を壊してしまうことも。

それこそ厄年の罠です。

そんなにビクビクして怯える必要はありません。

つまずくかもしれないと足元ばかりを見ていたら、綺麗な星空を見ることはできないのです。

過ぎたるは及ばざるがごとし。

適切に身の回りの厄に注意を払えば大丈夫なはず。

しっかりと準備をして厄年を迎え、送っていきましょう。

そうすれば厄年が終わる頃には、心も体もリフレッシュされています。

厄年に厄を払えば、もうしばらくは心配することもありません。

悪いことが起きるのが厄年ではなく、一度リフレッシュして、再びスタートするのが厄年なのです。

厄を払えば大丈夫です。

関連記事(一部広告含む):