厄年を早く終わらせる方法

厄年、特に本厄の一年間は、『早くこの一年が過ぎないかな』と思うでしょう。

そう思っていると、余計に長く感じるかもしれません。

何をやっても『厄年だから』とセーブしてしまったり、悪いことを考えて一歩が踏み出せなかったり。

そんな厄年ですが、早く過ぎ去る方法があるのです。

まず、元日に普通に新年を迎えたことを祝います。

新年とともに、厄年はやってきます。

スポンサーリンク

そして、その一か月後の二月一日か、旧正月の日に、再び新年を迎えます。

元日に行ったように、新しい年を祝うのです。

そうすれば、新しい年が来たことになります。

つまり、そこで厄年は終わりを迎え、一か月ほどで、厄年を終えたことになるのです。

それを『年重ね』と呼び、地域によって行われてきました。

当然ですが西暦も変わっていませんし、戸籍上の年齢も年をとるわけではありません。

しかし、それで厄年が去ったと思えることが大事なのです。

厄年だからと気にし過ぎて何をやるにも臆病になってしまう人。

そんな人は、年重ねをやってみてください。

厄年が過ぎたという安心感が、気持ちを楽にしてくれるはずです。

ただし、油断は禁物です。

後厄までが過ぎたわけではありません。

残っている厄もありますので、それが終わるまではある程度は慎重に過ごしましょう。

関連記事(一部広告含む):