厄年は出産しない方がいいの?

 にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ

『親のどちらかが厄年の場合、出産は控えた方がいい』という風習があります。

出産とはおめでたいことなのに、親が厄年では子供にも災厄が降りかかってしまう、と思われているからです。

しかし、最近では出産は逆に厄落としになる、という説もあります。

出産は体力的にも簡単なものではありません。

体の中で一人の生命を育むのですから。

それだけ大変な思いをすれば、それが修行のようにもなって厄が落ちる、というのです。

スポンサーリンク

特に男の子ならば、厄を追い払ってくれるのだとか。

そのため、逆に厄年の出産は良いのだそうです。

出産を控えていると、厄年どころではなくなるかもしれません。

しかし、それが厄落としに繋がるのならば、出産にも集中できます。

最近では出産年齢も高くなり、30代の出産も珍しいものではありません。

女性の30代は厄年が6年もあるのですから、出産して厄落としができれば一石二鳥です。

地域によっては家族・親類の中には厄年だからと、出産に対して良い顔をしない人もいるかもしれません。

けれど、出産というのは計算してするものでもありませんし、子供は天からの授かりものです。

厄年などは気にせず、気持ちよく出産に臨みましょう。

子供が生まれるということに厄年などは関係なく、とてもおめでたいことなのですから。

関連記事(一部広告含む):