厄年の上手な過ごし方

厄年には、本当に何か悪いことが起きるのでしょうか?

『厄年に何か悪いことが起きましたか?』というアンケート調査によると、約半数の人々がYesと答えました。

もちろん、偶然の可能性もありますし、他の年に聞いてもそこまで変わらない数字が出ることもあるでしょう。

ただ、やはり厄年は災厄が起こりやすい年なのです。

さらに、この悪いことが起きたと答えた人の約7割の人が厄払いをしていなかったというのです。

やはり厄払いは必要なのでしょうか?

スポンサーリンク

厄年を迎えると、何となく不安になります。

その不安からか、多くの人が厄払いを行います。

ただ、厄払いをすれば万事大丈夫、というわけでもありません。

厄払いをする人としない人、何が一番違うのかわかりますか?

それは厄年を意識しているかどうかです。

厄年を意識している人は、厄払いをします。

その意識は日々の生活などにも現れます。

日常的に体調を意識したり、慎重に行動したりするでしょう。

少し体を壊せば、すぐに労わります。

それが厄を避けるために一役を買っているのです。

厄払いをすれば、少しは安心できるはず。

実際に神様への祈祷は、ご加護もあるでしょう。

まずは厄払いを行い、体調などに気をつけて慎重に過ごします。

そうすれば厄年でも、大きな災厄は降りかからずに済むはずです。

関連記事(一部広告含む):