厄年って何だろう?

厄年という言葉を聞いたことのない人はあまりいないでしょう。

しかし、実際に厄年について、詳しく知っていますか?

厄年とは、多くの災厄が降りかかると言われている年齢のことです。

古くは平安時代にまで遡ります。

陰陽道から来ているとされていますが、定かではありません。

具体的な言い伝えや科学的根拠もないのですが、それでも多くの人々に古くから信じられています。

スポンサーリンク

出典がないために迷信とも言われていますが、毎年厄払いをする人は後を絶ちません。

男女で厄年の年齢は違うのですが、それぞれの年齢は青春期やそれを過ぎた曲がり角に当たるために、厄が起こりやすいとも考えられています。

もちろん、そこに科学的根拠はありません。

が、先人の知恵があるように思えます。

厄年の頃には気をつけなさい、と経験則から成り立ったのではないでしょうか。

現在、一般的な厄年は、男女とも三回あります。

しかし、過去の文献を見ると厄年はもっと多くあったようです。

平安時代には、貴族は毎年厄払いを行っていました。

それが年月を経て、現在の形になったのです。

人生においての過渡期が厄年であり、災厄が起こらないよう、注意しなくてはなりません。

関連記事(一部広告含む):