緊張と向き合う方法

アドレナリン分泌はスポーツに限ったことではありませんね。

書道にも大会はあるし、音楽関連の発表会や仕事のプレゼンテーションなどでもアドレナリン分泌量に個体差があるにせよ分泌はします。

闘争、という言葉が的確ではないとしても、立ち向かう現実であることに変わりありませんし、その現実に対して失敗しないように、上手に、練習の成果を出すように、と思う人ほどアドレナリン分泌が盛んになります。

アドレナリン分泌による現象、つまり緊張の対処法はスポーツと変わりありません。

本人の緊張を理解せずに周囲の人はリラックスしろ、と言いますが、これは間違い。

スポンサーリンク

緊張を弛緩させてしまえば、逃走は消えるけれど闘争まで消えてしまいます。

対処法は闘争部分を磨き、逃走部分の減少方法を自分で見つけることです。

ステージに立つ芸能人が手の平に人を書いて飲む、という儀式もそのひとつ。

プレゼンテーションの時は役職の顔をカボチャと思え、というのも方法のひとつです。

アドレナリンが分泌するシチュエーション、つまり緊張するメカニズムを理解して受け入れることができれば、あとは方法論です。

逃走を減少させる方法、と考えれば、それまで曖昧な理解だった緊張と上手につきあえる気がしてきたでしょ?

関連記事(一部広告含む):