13日の金曜日というジンクス

 にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ

日本は良いもの悪いもの、なんでも取り入れる貪欲な性格を持っていて、さらにそれを日本流にアレンジする器用さが日本の文化・風習を育てているともいえます。

そのひとつがジンクス。

たとえば4と9と13、666。これらの番号は公共施設であまり見かけることがありません。

シティホテルや病院、鉄道車両、車のナンバープレートなどですね。

4は死、9は苦、この辺は日本の語呂なのでまだ分かりますが、13はキリスト教圏における最後の晩餐の人数であり、666に至っては悪魔の番号という、キリスト教信者以外にはまったく縁のない数字ですが、不吉である、という、ただそれだけの理由で忌み嫌われています。

スポンサーリンク

ちなみにホラー映画で定着した「13日の金曜日」には惨事が起きるという都市伝説的なジンクスについて。

イエス・キリストの磔刑が13日の金曜日に行われたから、というのが根拠のようですが、これは正しくありません。

福音書はユダヤの陰暦、当時の暮らしはローマ暦が用いられていたので正確な日付は曖昧、英語圏の多くの国で「13日の金曜日」は不吉な日であるというジンクスがあるので日本にも定着してしまいました。

なぜ「13日の金曜日」が不吉なのか、という理由よりも、とりあえず「13日の金曜日」は不吉である、という風潮が先に来ること。

それがジンクスなんですね。

こんな記事も読まれています:


スポンサーリンク