夕方の虹は吉を呼ぶジンクス

『朝虹は凶、夕虹は吉』という言葉があります。

朝虹とは朝に出る虹のことで、夕虹は夕方の虹のことです。

これはどういうことかと言うと、朝の虹は雨になり、夕方の虹は晴天になる、ということから言われるようになったようです。

七割から八割は当たるようで、気象学的に見ても正しいのだそうです。

ただ、雨が近くても、虹を見るだけで縁起が良いように思えます。

天候的には凶でも、見た人々にとっては吉でしょう。

スポンサーリンク

風水的にも虹は吉兆とされています。

虹のふもとに立っているような写真を撮ったら大金持ちになった、なんて話もあるぐらいです。

また、時折、二重の虹も見かけることがあるでしょう。

この虹はさらに縁起が良いものです。

虹は光と水がもたらす、自然の美しさです。

それを目にすると、自然と気持ちが晴れやかになります。

七色の色が、心を明るくしてくれるのです。

何時に見ようと、見た人にとっては縁起が良いものです。

下を向いていては虹は見られません。

空を見上げて、虹を探してみましょう。

見れば、きっと晴れやかな気分になれるはずです。

関連記事(一部広告含む):